国内旅行|旅行記



青函トンネル記念館で体験坑道を見学

青函トンネル記念館には、実際に作業坑として使われた坑道を体験坑道として、重機や資料などが展示されています。

ちなみに記念館の入館料が大人400円、体験坑道の乗車券が1000円、展示場見学料が300円と、細かく分かれていますが、すべてセットで1300円で売られていますので、結局はセットで購入することになります。

ゴールデンウィークということもあり、ケーブルカーの乗車まで待ち時間があったので、記念館内の資料を見ながら時間潰し。で、ケーブルカーへ。

このケーブルカー、実は日本一短い私鉄らしくて、“青函トンネル竜飛斜坑線”という物々しい名前まで付いています。海面下140メートルの体験坑道に、約8分で到着しますが、一定のリズムを刻む独特の警告音と、あまりにも真っ直ぐで先の見えない坑道を降りて行くのとで、なんだか不思議な(軽くイヤ〜な)気分になります。

展示ゾーンに到着すると、係の人が青函トンネルについて説明しながらの見学になります。見学者がズンズンと先に進んで行くので、「勝手に先に行かないでください!」と係の人が怒っていたのが一番印象に残っています…


青函トンネル記念館
道の駅みんまやの隣(?)が青函トンネル記念館です。
記念碑
入ってすぐの所に記念碑が…
ケーブルカー「もぐら号」
ケーブルカー「もぐら号」に乗って、体験坑道へ
体験坑道
体験坑道の内部です
さまざまな資料
体験坑道の中は、さまざまな資料が展示されています。
体験坑道
資料の重機。
体験坑道
この辺りで、係りの人が怒ってました…

まさにこんな音です。(Youtubeから映像を拝借)








道の駅みんまや(in竜飛岬)のレストラン「紫陽花(あじさい)」にて… << BACKNEXT >> 階段国道(339号線)を激写




「青森二人旅・2008ゴールデンウィーク」のメニュー

青森二人旅・2008ゴールデンウィーク (TOP)
激辛ドラゴンカレーin佐野サービスエリア
前沢サービスエリアで、朝から前沢牛尽くし
岩手山サービスエリアで、岩手山を望む
むつ はまなすラインを風車を見ながら北上
道の駅よこはまで「ホタテ陶板焼定食」を食べる
ヒバの埋没林(猿ケ森)へ
尻屋崎で寒立馬(かんだちめ)をサワサワ
フォルクローロ大湊と大湊駅
恐山に行く
浜寿司で大間のマグロを食べる。
大間崎でマグロのモニュメントと記念撮影
願掛岩(がんかけいわ)で、鍵を掛けてきました
仏ヶ浦を船上から眺める
脇野沢村 野猿公苑で猿見学。
むつ湾フェリーからイルカを見る!?
道の駅みんまや(in竜飛岬)のレストラン「紫陽花(あじさい)」にて…
青函トンネル記念館で体験坑道を見学
階段国道(339号線)を激写
竜飛岬からの風景
八甲田山でロープウェーが強風で…
奥入瀬渓流をレンタサイクルでかっ飛ばす。
十和田湖で遊覧船巡り。
七滝(秋田県鹿角郡小坂町)。
秋田比内や 大館本店で親子丼。





大きな地図で見る

青函トンネル記念館
青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜99



  ゴールデンウィークに、青森に行った時のものです。どこも人が多かったですね。

青森二人旅・2008ゴールデンウィーク

  埼玉県の登谷山に夜景を見に行った時の記録です。夜景はなかなか画像では伝わらないですが…

夜景 登谷山

  食べる

  自然・風景

  体験

  施設・乗り物

  ショッピング

  ホテル



Copyright ® 2013 旅る

旅る[Home]    旅行記一覧    当サイトについて    サイトマップ    お問い合わせ