国内旅行|旅行記



恐山観光に行く。

恐山にも行ってきました。
恐山は、高野山や比叡山とともに、日本三大霊場のひとつとされています。

その恐山に向かう恐山街道の途中に、湧水である“冷水(ひやみず)”があります。言い伝えによると、1杯飲むと10年、2杯飲むと20年、3杯飲むと死ぬまで若返ると言われているとか―。相方はもちろん3杯飲んでいました…。

さらに行けば“三途の川”も見えてきます。

恐山に到着すると、500円(だったかな?)の入山料を払い中へ。恐山と言えば“イタコ”さんが有名ですが、ゴールデンウィーク期間中もあったためか、大勢の人が列を作っていました。ちなみに、口寄せ料は5000円となっていましたが、イタコさんによっても違うようです。

さらに歩を進めると、硫黄の匂いが漂う、荒涼とした風景が広がっていました。死者の魂は自分には分かりませんが、生者の死者に対する想いが詰まった場所、それが恐山なのかなと、そんな気持ちになりました。


冷水(ひやみず)
冷水(ひやみず)。相方はもちろん三杯飲用。
冷水(ひやみず)の説明看板
冷水(ひやみず)の説明看板
冷水(ひやみず)
この水を飲みます。
三途の川にかかる橋
先に進むと三途の川もあります。
恐山の総門
恐山の総門。入場料は500円です。
恐山の参拝案内図
恐山の参拝案内図です。(※クリックで拡大します)
六大地蔵
六大地蔵
総門を抜けて…
総門を抜けて…
イタコの口寄せ
イタコの口寄せ。多くの方が並んで待っていました。
寺務所
寺務所。確か宿泊することも出来るはずです。
大師供養塔(?)
大師供養塔(?)
風車とお地蔵さん
風車がクルクルと回ります。
お地蔵さんと山門
お地蔵さんと山門。
四十八燈
両脇にあるのが四十八燈。
本尊安置地蔵殿(祈願祈祷の道場)
本尊安置地蔵殿(祈願祈祷の道場)
冷水(ひやみず)
不動尊参道。ここを登って行くと…
案内看板
案内看板が見えてきます。(※クリックで拡大)
奥の院不動明王
奥の院不動明王
少し上から見た恐山
少し上から見た恐山。
宇曽利湖
奥には宇曽利湖。
慈覚大師堂
慈覚大師堂
風車が回ります
慈覚大師堂の横でも風車が…
八葉塔
八葉塔(?)
赤い帽子を被った、子供の像
赤い帽子を被った、子供の像
硫黄が噴出
至る所から、硫黄が噴出
延命地蔵尊
延命地蔵尊
宇曽利湖
宇曽利湖
たくさんのお地蔵さん
たくさんのお地蔵さんと、その向こうには…
血の池地獄
血の池地獄
血の池地獄は、かつては本当に赤かったとか
血の池地獄は、かつては本当に赤かったとか。
賽の河原辺りから見た宇曽利湖
賽の河原辺りから見た宇曽利湖
極楽浜
極楽浜
湖に流れる小さなせせらぎにかかる橋
湖に流れる小さなせせらぎにかかる橋
金掘地獄
金掘地獄
五智如来
五智如来
五智山展望台
五智山展望台から見た風景。展望台と言っても低いですが。








フォルクローロ大湊と大湊駅 << BACKNEXT >> 浜寿司で大間のマグロを食べる。




「青森二人旅・2008ゴールデンウィーク」のメニュー

青森二人旅・2008ゴールデンウィーク (TOP)
激辛ドラゴンカレーin佐野サービスエリア
前沢サービスエリアで、朝から前沢牛尽くし
岩手山サービスエリアで、岩手山を望む
むつ はまなすラインを風車を見ながら北上
道の駅よこはまで「ホタテ陶板焼定食」を食べる
ヒバの埋没林(猿ケ森)へ
尻屋崎で寒立馬(かんだちめ)をサワサワ
フォルクローロ大湊と大湊駅
恐山に行く
浜寿司で大間のマグロを食べる。
大間崎でマグロのモニュメントと記念撮影
願掛岩(がんかけいわ)で、鍵を掛けてきました
仏ヶ浦を船上から眺める
脇野沢村 野猿公苑で猿見学。
むつ湾フェリーからイルカを見る!?
道の駅みんまや(in竜飛岬)のレストラン「紫陽花(あじさい)」にて…
青函トンネル記念館で体験坑道を見学
階段国道(339号線)を激写
竜飛岬からの風景
八甲田山でロープウェーが強風で…
奥入瀬渓流をレンタサイクルでかっ飛ばす。
十和田湖で遊覧船巡り。
七滝(秋田県鹿角郡小坂町)。
秋田比内や 大館本店で親子丼。





大きな地図で見る

恐山
青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2



  ゴールデンウィークに、青森に行った時のものです。どこも人が多かったですね。

青森二人旅・2008ゴールデンウィーク

  埼玉県の登谷山に夜景を見に行った時の記録です。夜景はなかなか画像では伝わらないですが…

夜景 登谷山

  食べる

  自然・風景

  体験

  施設・乗り物

  ショッピング

  ホテル



Copyright ® 2013 旅る

旅る[Home]    旅行記一覧    当サイトについて    サイトマップ    お問い合わせ