国内旅行|旅行記



尻屋崎で寒立馬(かんだちめ)をサワサワ

尻屋崎にナビを設定して、一路本州の最北東端に位置する岬へ。途中、立ち並ぶ風車を目にしながら向かっていくと、ゲートが現れます。尻屋崎は、好きな時間に入れるわけではなくて(徒歩ならいざ知らず…)、4月1日から30日の間は午前8時から午後4時まで、5月1日から11月30日の間は午前7時から午後5時までといった具合に、見学出来る時期や時間帯が決まっています。

訪れたのは、ゴールデンウィーク真っただ中の午後4時30分頃。なので、ほとんど時間はなかったのですが、天気もよく、白い灯台と青い海と空、そして寒立馬(かんだちめ)のコントラストがとても良い雰囲気を醸し出していました。

相方は、丸々と太った寒立馬がとても気に入ったらしく、やたらスリスリしていた一方、ヘタレな自分はビビッてあまり触れず… 寒立馬は我関せずとばかりにずっ〜と飽きることなく草を食んでいました。 ちなみにこの時期は出産シーズンで、実は翌日にも尻屋崎を訪れたのですが、仔馬を何頭か見ることができました。

この尻屋崎ですが、寒立馬はもちろん、運が良ければキツネなどの野生動物も見ることが出来るのだとか… で、フッと見ると、何やら見慣れない動物が… キツネではなく、どこからやってきたのか、(多分)タヌキがウロウロとさまよい歩いていました。

午後5時が近づくと、スーパーカブに乗った係のおじさんが「5時で閉まるよ〜」と声を掛けてきたので、後ろ髪を引かれながら(特に相方は…)、尻屋崎を後にしました。(後ろ髪を引かれ続けて、翌日も来てしまったのは既に書きましたが…)


尻屋崎に向かう途中に見える風車
尻屋崎に向かう途中に見える風車
尻屋崎灯台
尻屋崎に立つ、真っ白な灯台。「尻屋崎灯台」
草を食べ続ける寒立馬
草を食べ続ける寒立馬
白い尻屋崎灯台と寒立馬、青い空と緑の草地
白い尻屋崎灯台と寒立馬、青い空と緑の草地のコントラストが美しい…
もう夕暮れ時でした…
もう夕暮れ時でした…
観光客にも構うことなく草を食べ続ける寒立馬
観光客にも構うことなく草を食べ続ける寒立馬。お腹が大きいのは妊娠中?
尻屋崎灯台から東(?)の方向を撮影
尻屋崎灯台から東(?)の方向を撮影
ここにも寒立馬。やっぱり草を食べてた。
ここにも寒立馬。やっぱり草を食べてた。。。
「本州最涯地尻屋崎」と書いてある記念碑。その向こうには灯台
「本州最涯地尻屋崎」と書いてある記念碑。その向こうには灯台
角度を変えて、記念碑を撮影。
角度を変えて、記念碑を撮影。
何やら他の動物を発見!
何やら他の動物を発見!
多分、タヌキだと思います。
多分、タヌキだと思います。ですよね?
さらば、尻屋崎と寒立馬。
さらば、尻屋崎と寒立馬。って翌日も来ることになるんですが…








道の駅よこはまで「ホタテ陶板焼定食」を食べる << BACKNEXT >> フォルクローロ大湊と大湊駅




「青森二人旅・2008ゴールデンウィーク」のメニュー

青森二人旅・2008ゴールデンウィーク (TOP)
激辛ドラゴンカレーin佐野サービスエリア
前沢サービスエリアで、朝から前沢牛尽くし
岩手山サービスエリアで、岩手山を望む
むつ はまなすラインを風車を見ながら北上
道の駅よこはまで「ホタテ陶板焼定食」を食べる
ヒバの埋没林(猿ケ森)へ
尻屋崎で寒立馬(かんだちめ)をサワサワ
フォルクローロ大湊と大湊駅
恐山に行く
浜寿司で大間のマグロを食べる。
大間崎でマグロのモニュメントと記念撮影
願掛岩(がんかけいわ)で、鍵を掛けてきました
仏ヶ浦を船上から眺める
脇野沢村 野猿公苑で猿見学。
むつ湾フェリーからイルカを見る!?
道の駅みんまや(in竜飛岬)のレストラン「紫陽花(あじさい)」にて…
青函トンネル記念館で体験坑道を見学
階段国道(339号線)を激写
竜飛岬からの風景
八甲田山でロープウェーが強風で…
奥入瀬渓流をレンタサイクルでかっ飛ばす。
十和田湖で遊覧船巡り。
七滝(秋田県鹿角郡小坂町)。
秋田比内や 大館本店で親子丼。

 




  ゴールデンウィークに、青森に行った時のものです。どこも人が多かったですね。

青森二人旅・2008ゴールデンウィーク

  埼玉県の登谷山に夜景を見に行った時の記録です。夜景はなかなか画像では伝わらないですが…

夜景 登谷山

  食べる

  自然・風景

  体験

  施設・乗り物

  ショッピング

  ホテル



Copyright ® 2013 旅る

旅る[Home]    旅行記一覧    当サイトについて    サイトマップ    お問い合わせ